社長と社員の退職金を賢く積立てませんか?

企業型確定拠出年金とは

従業員の退職後の資金として、企業が毎月一定額を拠出し、その資金を運用して形成される年金制度です。拠出された資金は、従業員が選んだ投資商品で運用されます。従業員が一定の年齢に達した際に、積み立てられた資産を受け取ることができます。

企業型確定拠出年金は、中小企業においても財務負担を抑えながら従業員の福利厚生を充実させる有効な手段です。従業員のキャリア形成と資産形成をサポートし、企業の競争力強化にも寄与するため、導入をおすすめします。

企業型確定拠出年金(DC)を導入するメリット

会社側のメリット

  1. 財務計画の安定性:退職金支払いに関する費用が予測可能になり、企業の財務計画が安定します。
  2. 人材の確保と定着:魅力的な退職金制度は、優秀な人材を引き付け、定着させる効果があります。
  3. 運営の簡素化:従来の退職金制度に比べて、管理・運営が容易で、コスト削減にもつながります。
  4. 税制上の優遇:企業の掛金は全額経費として計上でき、税負担の軽減に役立ちます。
  5. 社会保険料の節減:選択制を導入する場合、社会保険料の会社負担分の節減効果が見込めます。

社員側のメリット

  1. 資産形成の機会:自分で選んだ投資商品で資産運用ができ、将来に向けた資産形成が可能です。
  2. ポータビリティ: 転職時にも持ち運びが可能で、複数の企業を渡り歩く現代のキャリア形成にマッチしています。
  3. 税金の節減:選択制を導入する場合、所得税や住民税の縮減となります。
  4. 社会保険料の縮減:選択制を導入する場合、社会保険料の本人負担分の縮減が見込めます。

選択制の企業型確定拠出年金とは

選択制の企業型確定拠出年金は、従業員が自ら選んで加入する制度です。企業は従業員に選択肢を提供し、従業員は自分のライフプランや投資への関心に応じて参加を決定します。給与の一部を掛金として拠出することで、その部分については、所得税や住民税、社会保険料の対象外となります。この制度は、従業員一人ひとりのニーズに合わせた柔軟な福利厚生を実現することができ、個々の従業員の自立した資産形成を促進します。

詳しい資料のご請求はこちらからお願いします。